なにがなんでも妊娠継続!

また周期がずれたトライ4回目は妊娠せず。
この頃には、2回当たっているのに継続しないという悲しさで、自分の体が悪いのか、少し排卵日からずれているから良くない卵になるのかとかあまり良くない事ばかり考えていて、排卵日までしっかりタイミングを取るようになっていました。

 

それが良かったのかどうなのかトライ5回目でまた着床出血らしき出血...
うれしさと共に不安がこみ上げてきました。
もちろん早いのは分ってはいても、すぐに病院へ行き(今度こそ元々通おうと思っていた女医さんの所です)、今までの経緯も含めてお話しました。
「そうかぁ。それは不安だったねぇ。よし!みていこうか」エコーで確認...
「まぁやっぱり早すぎて何も見えないけど、尿検査でしっかり陽性と出ているし、念の為漢方も飲んで頑張ろう!ちゃんと赤ちゃんのベッドもしっかりしてるからね!大丈夫」と先生。
本当に安心しました。もちろん油断なんて出来ませんが、今までのこの経緯、私誰にも相談出来なかったんです。
元々、両親が大好きで何でも話していた私ですが、大好きだからこそ心配するのは目に見えているし、絶対に言えませんでした。主人は経緯はわかっているものの、男性だからなのかやはり少しずれがあって、ここまで苦しんでるっていう事は言えませんでした。
ここでその時に初めて会っただけの先生ですが、1話して10分ってもらえたような気がしてまだ先の不安はあるもののすごく気が楽になりました(´;д;`)

 

ここで出してもらった当帰芍薬散を飲み、前回下りてしまった5週目を乗り切り、1週間後...
不安、不安、不安、出血などはなかったもののそんな気持ちでエコー
「あ、袋があるねぇ。まだ胚芽はないけど、大丈夫。育ってるよ!」

 

本当に涙が出ました。やっと目に見えたんです。今まで陽性の反応しか見てなかったので、それだけで本当にうれしかったです(´ω`*)

 

ただ、まだ胚芽もなく、今までの事もあるのでまだおめでとう判定ももらえませんでしたが、そのまま漢方も飲み続けて更に1週間後またきてくれと言われ、帰路につきました。
まだ、両親には言えませんでしたが、主人と反対に無理できないと思い、職場には早々に伝えました。
主人はまだ実感はなさそうなもののうれしそうで、職場では当時の店長がとてもいい方で、奥様がやはり妊娠中、つわりなどでつらかった事や年齢の事もあって親身になって下さり、色々良くして頂きました。

 

そして、また出血がないまま6週目。
胚芽が見え、先生からもおめでとう判定を頂き、初めての母子手帳を手にする事が出来ました!
この時やっと、両親にも今までの経緯含めて妊娠をつげ、母は私がそんな目に遭っているとは思わなかったとつらそうでしたが、心から喜んでくれました(*´I`*)v
大体この頃からすでにつわりが始まりました。つわりはわりときつめで毎日吐き続けて、体重も7キロ痩せましたが子供は順調で、よく歩いた日に(里帰り出産まで仕事をしていたので)2回ほど少量の出血があり、泣きそうになりながら病院へ行くも問題なく、念の為、当帰芍薬散は安定期間近まで飲んで無事安定期を迎えました。

 

安定期を迎えようが、毎回エコーのたびに不安からの安堵を繰り返していましたが笑 
毎回怖かった~!初めから何もなく、妊娠に至った方はこんな風にはならないんですかね?わたしは毎回友達からもらった安産祈願のお守りを握り締めて診察を受けていました笑かといって、安定期に入る頃には診察の間隔もあいていて、それはそれでまた不安で!
赤ちゃんが動くまではずっと不安な妊婦生活でしたね(´;д;`)

 

次の記事 >>③つわり、やっぱり来た。。。